ゼロから始めるiPhoneアプリ開発 その1 準備編

先日、未経験からiPhoneアプリ開発を始めたことを書きました。
自分の復習も兼ねて「ゼロから始めるiPhoneアプリ開発」と題して連載をしてみようと思います。

そういえば、あなたも以前「興味はあるけど難しそうだな・・・」とか言ってませんでしたっけ?
大丈夫、そんなあなたにこそ読んでいただきたい連載です。
ボク自身が本当にゼロからのスタートだったので、この連載でも未経験からiPhoneアプリ開発が出来るようにわかりやすく、また予備知識が無くても理解できるように、注釈や参考リンクもたくさん盛り込みながら書いていくつもりです。

まず初回は準備編として、最低限必要なものと、iPhoneアプリ開発の環境を整えるところから。

さあ、準備はいいですか?

—–
6日目/100日チャレンジ

iPhoneアプリ開発に最低限必要なもの

「アプリ開発って、やっぱりいろいろ用意しなくちゃいけないんでしょ?」といった声が聞こえた気がしますけど、実はiPhoneアプリの開発に最低限必要なものってものすごく少ないんです。

その最低限必要な物とは・・・

以上。これだけです。

えっ、他に必要なものはないのかって?
いやいや、これだけあれば十分なんです。
なんとMacが1台あればそれだけでアプリが作れてしまうのです!

さすがに古い型のMacだとダメな場合もありますけど、今現在販売されているMacやちょっと前の型ならば全く問題ありません。余裕です。

「俺はWindowsしか持ってないんだ!」って人は、残念ですがMacを準備するところからはじめてください・・・(^^;;
WindowsではiPhoneアプリの開発は出来ません。

アプリ開発環境の準備

上に書いたように、 Macが1台あればアプリが作れます。
では今度はMacの中でアプリ開発のための準備をしましょう。

アプリを開発するにはXcodeというアプリが必要です。

このアプリはApp Storeから無料でダウンロードすることが出来ます。
以下のリンクからサクッとダウンロードして来ちゃいましょう♪

Xcodeのダウンロード

準備はこれだけ!

「Xcodeのダウンロードは完了した!さぁ、次は何をやればいいんだ!」と意気込んでいるそこのあなた。
大丈夫、もうアプリ開発の準備は完了しています。

えっ、他にやることはないのかって?

そうなんです。
iPhone開発の準備はXcodeをインストールするだけなんです。

他にやることはありません。
まずはこれだけでOKです。

実際にiPhone本体でアプリを動かしたり、AppStoreでアプリを配布したりする場合には、有料会員登録が必要になってきたりしますけど、とりあえず作ってみるだけなら他にはなにも要りません。

まずは作ってみて、シミュレーターで動かしてみて、AppStoreで配布したい!って思ったら、その時に登録すればいいんです。

というわけで、準備編はこれで終了!
次回は、簡単なプログラムを作ってみましょう〜♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)