Minecraft BE版 マルチサーバーをConoHaで構築する方法

2018/9/11、Minecarft BE版(Bedrock Edition)サーバーのアルファ版が公開されたのでConoHaを使って立ててみた。
備忘兼ねて構築手順を書いておく。

サーバーの準備

まずはConohaで1Gプランのサーバーを建てる。
別にConohaじゃなくてもいいんだけど、Conoha好きだからConohaを使う。
ただそれだけ。

OSはCentOS7.5を使うことにするよ。

このあたりを参考に基本的なセキュリティ対策を施す。
https://qiita.com/Trouble_SUM/items/8591d7388cd7c0a792bc

一般ユーザーを作成

sshdの設定はお好みに合わせて。
公開鍵認証のみにしておくといいんじゃないかな。

ちなみにSELinuxは無効にしてます。

Minecarft BE版(Bedrock Edition)サーバーソフトウェアのダウンロードと依存パッケージの準備

ここからは先に作成した一般ユーザー(minecraft)で。

以下のサイトでサーバーソフトウェアが公開されているので、ホームディレクトリにダウンロードしてくる。
https://minecraft.net/en-us/download/server/bedrock/

ダウンロードしたzipファイルを適当なディレクトリに解凍する。

OpenSSL1.0.0のインストール

how to読むと、ここで起動コマンドを入れればおしまいなんだけど、実際は以下のようにエラーが出てくる。

なんかOpenSSLのバージョン1.0.0が必要みたいなのでソースからインストールする。
この辺が参考になるよ。
あ、インストールはrootユーザーでやってね。
https://qiita.com/shadowhat/items/68fd55b532c04b13acf5

gccライブラリのバージョンアップ

もう一度起動してみるとさらにエラーが出てくる。

今度はgccのライブラリのバージョンアップが必要みたいなので、gccの最新版をソースからインストールする。
もちろんこれもrootユーザーで。
https://qiita.com/knutpb1205/items/fc6dbc15fbd052f7560a

ボクはmakeでエラーが出たんだけど、g++をインストールしたら解決した。

ちなみにmakeは非常に時間がかかる・・・
1時間はかからなかったと思うけど、実際かなりかかった。

インストールしたgccのライブラリlibstdc++.so.6.0.xxを /usr/lib64/にコピー

そしてシンボリックリンクを作り直す

このあたり参考に
https://www.saintsouth.net/blog/update-libstdcpp-on-centos6/

サーバーの起動

ここまでやってやっとサーバが起動するようになった。
まだひとつだけエラーが残ってるけど、特に影響なさそうなので見なかったことにする。

firewalldのポート解放

最後にfirewalldのポートを開けてやる。
そうしないと外部から接続できないもんね。

firewalldの設定についてはこのあたり参考になるよ。
https://eng-entrance.com/linux-centos-port

注意:Minecraft Bedrock Edition Serverはまだアルファ版です!

ダウンロードページやhow toファイルにも明記されてるけど、現時点(2018/9/24)ではMinecraft Bedrock Edition Serverは評価目的のアルファ版です。
意図しない不具合や重大なバグが潜んでいる可能性があります。
そのあたりしっかりと認識した上で、自己責任で運用してください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)